f

広告

2016年8月30日火曜日

ストレス・不眠にバレリアン

バレリアン(西洋鹿子草)の花

著名な薬用植物

海外の主要薬局方、規格集で、その効果と安全性が認められている
著名な薬用植物です。
不眠症、精神不安によるストレスに飲用されているハーブティー。
第13改正日本薬局方から、当初の基原植物であったが 
V. officinalis が削除され、国産のカノコソウ(V. fauriei Briquet)
のみが基原植物として収載されています。

バレリアン(西洋鹿子草)の発芽バレリアン(西洋鹿子草)の越冬後の新芽

バレリアンの新芽

種から育てた左の画像と一年経ち越冬した新芽(右の画像)では
全く違う植物に見えます。越冬した新芽の回りに見える根が
薬用として使用されます

バレリアン(西洋鹿子草)の葉バレリアン(西洋鹿子草)の葉

バレリアンの歴史

古代ギリシアの医者ヒポクラテスがBC4世紀に使用している。
ローマ時代には神経の興奮や不眠に用いられてきた
リラックスハーブとして用いられていました。
日本には、江戸時代後期〔1800 年頃〕にオランダから渡来した
歴史があります。

バレリアン(西洋鹿子草)の蕾バレリアン(西洋鹿子草)の茎

西洋鹿子草〔せいようかのこそう〕

夏に大きく育ち1.5mになり、花を咲かせる。
西洋鹿子草〔せいようかのこそう〕
花序についた淡紅色の蕾と白い花が鹿の子絞り模様に見えることから。

バレリアン(西洋鹿子草)のティーバレリアン(西洋鹿子草)の乾燥した根

バレリアンの刺激的な臭い

ティーにするとかなり強烈な臭いがする。原因は、吉草酸なのですが
この主成分が効能・効果を発揮しているわけですのでなるべく臭いを
鼻から吸い込みながら飲用します。
体調の悪い方は、あまり気にならないようですが、健康な方は、
嫌がるようです。体が受け付けるかどうか判断しているのかもしれません。

併用推奨

カルシュウム 〔骨、筋肉を増強し神経系を健全に保ち、
不眠症やイライラを解消〕併用すると不眠症の緩和に効果がある

飲用注意

・過剰摂取は頭痛、動悸、麻痺を起こす。
・長期使用は常習癖がつく事がある。
・妊娠中、肝機能不全の患者は使用禁止。
・入眠薬の作用を増強するので入眠剤と併用しない。
・アルコールを含む飲料と併用は避ける。

※詳細はハーブティー薬草データベースの【バレリアン】を
  参照して下さい

※ご購入は、ハーブティー健康茶専門店(百華茶苑)の