f

広告

2016年8月20日土曜日

バナバは糖尿に飲用するハーブティー

フィリピンではQueen's flower〔クイーンズフラワー〕〔女王の神木〕と
言われている百日紅(さるすべり)の仲間です。

バナバの葉

バナバの葉

熱帯東南アジアに自生する熱帯植物ですので日本では、
温室栽培となります。種から育てましたが冬を越せませんでした。

バナバの新芽成長中のバナバ

バナバは糖尿病に飲用する

東南アジアでは、糖尿病の伝承薬、肥満、潰瘍、便秘、解熱などに
用いられているとの報告がある。
日本では、糖尿病や高血圧の健康食品として利用されている。
糖尿病治療薬との併用は医師に相談する

成長中のバナババナバの葉 

飲みやすいティー

あっさりして比較的にの飲みやすいティーです。
インドやタイなどの薬物書に少し薬効が記載されているほかにはあまり
認められない。
フィリピンでは昔かから薬用とされ、葉や果実の煎液が糖尿病の
予防や治療に使われてきたと伝えられている。
幹が家具や建築材として利用可能なこともあって、フィリピン政府が
バナバの栽培を奨励している。

乾燥して刻んだバナバの葉バナバのティー